5.26.2006

「レジャーホテル」って儲かるんだー、でピンと来た方は?

昨日タクシーの中で何気なく見つけました。[資産運用]ならホテルファンド ドットコム

よく入ってますよね、チラシとか。一番多いのは貸しオフィスやら人材系やらですが。その中にホテルファンド、なんてのがあったからへぇぇぇぇと思ってふと手にとってみたら、このファンドは景気に左右されない、なんて書いてある。

しかし読み進めると、、、、なるほど、要はラブホへの投資だそうです。そりゃ確かに世の中の一般的なボラティリティと比べれば、人間三大欲求のうちの一つという不偏的なものを満たす手段を提供する場であり、不況だろうが好況だろうが、一度猿と化してしまったカップルを止めることは誰にもできません。。。

というわけで着眼点は非常に面白い。しかも確かにそれなりに売れているらしい。高配当だし(1年目は8.4%2年目以降12%を予測している)すごいなぁと思いましたが、なんかちょっと怪しい気もする。収益予想についても不動産鑑定士使って第三者的な見方からも提供しているんだけれども、実際の運営サイドから提出された数字ではなく、このファンドの運用側が提出した数字を基にしていたり(あんまり知りませんが、それって普通なのでしょうか?)。

2年目以降は更に配当率が上がるのはデット(金融機関からの借り入れ)を利用している、なんて書いてあるけれども、好意的に見ればレバレッジ利かせて更に運用益を上げに行っているのかもしれないけれども、悪意で見ればタコ配(運用益を分配するのではなく、外部からの新しい資金をそのまま分配に回してしまう配当)なんじゃないの?とすら思える。

まとめますと、着眼点はとっても面白い。ですが、やっぱりグレーな部分が多いので、もっと一流どころがやるならともかく、今の時点で持っている情報から推察する限りは怪しい部分が多くて微妙ですな。。。まぁ50万円くらいを捨て金としてエイヤと放り込める人であれば、良いのかもしれませんね。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。