3.06.2007

美しき国へ・・・

一昨日日曜日、無事に帰ってきました。いやぁ〜長い・・・なんであんなに長いんだろう。実質ホテルを出てから家に着くまでの移動時間は24時間。ジャック・バウワーなら核爆発を数回阻止できるでしょう。

仕事でボストンに行ったのは初めてですが、直行便がない不便さってのはほんと大変。ちょうど松坂がボストン・カレッジ相手に投げた時に、金曜日の夜のディナーの前のカクテル・パーティでバーで観てたんだけど、ボストンっ子たちは日本が遠いことにびっくりしてた。とりあえず松坂の次に必要なのは直行便だな。ちなみに一球目いきなりスコーンって打たれて、その場はめちゃめちゃシラケてた。俺ら日本人だからちょっと気を遣ってくれて、まぁまぁだな、とか言ってくれた人もいたけど、明らかにちょっとイラっとしてたんじゃないでしょうか。。。まぁ今後の頑張りに注目です!

この前書いたけど、とりあえず時差ボケがなぜかずーっと治らず、大変な一週間でした。。。メラトニン持って行ったから飲めば良かったんだけど、目眩とかしてたから飲むのを躊躇い、結局しんどいまま。でも相当に有意義な一週間でしたし、普段メール、たまに電話、くらいのコミュニケーションしか取れない同僚と、face to faceで話したり飲みに行ったりするのは何とも貴重な機会です。

が、一方で、年を取ったと感じるのが、ニッポンの心地良さ。メシはうまいし、綺麗だし、暮らしやすさではやっぱりニッポンですな。社会人一年目の時に研修でニューヨークぶち込まれた時は、必死でそれどころじゃないってのもあったけれど、そんなことは思わなかったし、結構それはそれで都市生活を楽しんでた。まぁその地にある程度腰を据えるとなるとまた別の見方をするのかもしれないけど。

日本は日本で一週間の間に色んなことになってたみたいだけれども、ともかくこの「美しき国」へ帰って来れて一安心。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。