3.11.2007

ハイ・コンセプト

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
大前研一は、正直あまり好きにならない(考え方自体には共感できるものが多いが、彼の本を読む気にならない。あまりにも「上から目線」だから。。。)のだけれども、訳者だから良し。ということで読んでみた。

この本で言っているような「右脳」をフル回転させられる人になりましょうという考え方は新しいことはないのだが、この本で良かったのは、各章の末尾にそれぞれその章で説明したことを自分で実証したり体感したりすることができるような導入がされていること。使えます。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。