3.29.2007

全思考 北野武

全思考

ある意味サプライズ。本屋では軽い気持ちで手に取った。タレント本、とは言わないけれども、たけしは結構好きだし、程度。いや、でもすごい。

ゴースト・ライターが書いているのかと思った。でも読み終わった後には、絶対そんなことはしないだろうと思う。時折見える、たけし流のギャグセンスもいい。でも何より北野武の哲学、社会観、人生観、それが一番いい。

どんどんと「下品」になっていく世の中を嘆く北野武の言葉には耳が痛い。自分も嘆かれる側にいることもあるからだ。たけしは結構好きと言いながら、北野作品はほとんど観ていない(座頭市くらいかも、、、ほんとに)のが残念なのだが、北野武は自身の作品を無駄なカットばかりの作品だと言っている。でもその無駄なカットを使って、陳腐化された表現手法の羅列では切られてしまった間を表現しようとしていることが本から分かった。

とにかく読んで欲しい。映画論が最後に来ているけれども、他の父親論や人間関係論や教育論も読み応えがある。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。