5.07.2007

それもよく分からん? asahi.com:文科相、野球留学を批判 特待生については理解 - スポーツ

asahi.com:文科相、野球留学を批判 特待生については理解 - スポーツ

「親元を離れて、大勢の野球の能力のある者を集めて、それで校名をあげようというのは少し教育の本筋から離れている」という発言があったらしいが、何でいけないのか?と思う。

「親元を離れて、大勢の勉学に秀でた者を集めて、それで校名をあげようというの少し教育の本筋から離れている」と置き換えてみればすぐ分かる。そんなこと言わないだろう。

つまりこの大臣、野球を通じた教育なんてあり得ないと思っているってことなのでは?

特待生の問題は何が問題かって言ったら、特待生の存在が問題なのではなくてルールと現実に齟齬があることが問題なのでは?それなのに特待生はOKだけども野球留学はノーとかっていうまた別の議論を持ち込んじゃうから、まったく。。。野球留学についてだって明確なルールがないのは問題だけれども、野球留学自体は否定されるべきものなのか?それなのであれば、なぜかというところを問いたい。

野球留学、いいじゃないかと思うけれども。例えば地方の高校とかでも野球留学で強くなれば、それはそれでその地方の活性化につながるのではないのでは?レギュラーがほとんど県外出身者、なんていう甲子園常連校もあるけれども、だからといって地元の人たちが応援しないか、なんていったらむしろその逆で喜んで応援している人がいっぱいいる。生徒が自分にあった学校を選ぶ際により広い選択肢を与えること自体は良いことじゃないのか?

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。