10.18.2007

テレビが亀田をダメにした

最近ボクシングの亀田父子の処分が話題になっていますが、約1年8ヶ月前に亀田大毅選手のプロデビュー戦を観に行ったことを思い出しました(その時のブログ記事)。デビュー戦っていうのはああいうもの(セットアップされた、とまでは言わないけれど、とにかく負けない相手を選んで戦う)だと言われ、そんなものかとその時は納得して会場をあとにしましたが、今から考えると、大毅選手の今への布石はあの時から出来上がっていた、とすら思ってしまいます。

テレビが亀田大毅をダメにした。

デビューの時から、テレビのサポートをフルに受けて、ある意味ショータイムの一部として彼自身がテレビに組み込まれてしまっていた。ボクシングやその他の格闘技が、盛り上げの為に派手な演出をやることもあることは理解しています。でも、ティーンエイジャーのボクサーには、それが自分の実力なのか演出されてきたものなのかを冷静に判断することは出来なかったんじゃないかな。そして周りの大人もそれに翻弄されて、若い力を守り切って上げられなかったことが非常に残念だと思います。

そしてテレビは亀田を見捨てる。

自分達は絶対に分かっているはずだと思う。自分達の演出が、今回の事件の一端を担っている可能性があることを。100%そうだとは言えないし、あんなことをしてしまう亀田大毅選手やその周囲は糾弾されるべきなんだけれども、じゃあテレビは一体何をしたかというと、気まずい雰囲気だけ残してすーっと引いて行っただけ。ずるいなぁと思う。もし仮に亀田大毅選手が勝っていたとしたら、きっと間違いなく内藤選手に切腹しろとかって迫る亀田一家を面白可笑しい画像にして全国にぶち巻いていたはず。

そしてそれを見て喜んでいたであろう我々視聴者、亀田派もアンチ亀田も、わずかに罪の意識を脳裏に浮かべなければいけないのかもしれない。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。