6.03.2008

大切な、大切な日

一年前の今日に、人生の中で最大と言って良いほどの感動と共に、我が息子が誕生しました。今日は無事に一年を迎えた彼の大切な大切な一日です。

予定より少し小さく生まれて、そのせいかは分からないけれども色々な数値をしっかり見る必要があり新生児集中治療室に入ってしまった息子。最初の滑り出しは親や周りの人間を心配させるものであったけれども、3ヶ月もするとくじいた出鼻を良い方向に大きく欺き、周りの心配をよそにみるみるうちに大きくなり、今じゃ満1歳にして歩き回り、ワンワンやダディちゃんという言葉も発します。(マミィちゃんは恥ずかしいらしく照れて言わない)

この一年、自分でも本当に成長したと思います。まだまだ父親としては未熟ではありますが、少なくとも自分の背中を見て育った時に曲がった子にだけはなってほしくない、その一心で切磋琢磨してきているつもりです。もちろんまだまだゴールにはほど遠いけれども、踏み出したその一歩は間違った方向ではない、そう確信できている一年です。

これからもこの子の成長の勢いを受け止めながら、自分もより高いステージの人間になれるように、共に成長していきたい、そう感じる2008年6月3日早朝です。

1 件のコメント:

キモッティオ さんのコメント...

Rくん、一歳おめでとう。
MSKさん、父親一歳おめでとう。

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。