6.30.2010

泣くな駒野

僭越ながらも自分の経験から言って、涙は出て来るものですが、直後の涙に意味はありません。今はきっとあまりにも複雑な気持ちでしょうが、冷静に120%のチカラを出し切っての結果であることは誰の目から見ても明らか。中田英寿の試合後のコメント通り、頑張ったのは日本、試合巧者だったのはパラグアイ。経験の差としか言いようがなかったのでは?

ところで、サッカー素人ながら、スポーツ共通の目線で見た時に、日本に欠けているのはやはりフィジカルな気がするのだが、こと他のスポーツと比べて、サッカーにおいてその指摘の声が少ないように感じるのは何故??おそらく見ていて本田くらいではないかと。技術面は素人には分かりませんが、運動神経の良さを本田には感じます。でもこれって選手個々人の問題というか国全体のスポーツを取り巻く環境に問題ある気もします。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。