4.04.2012

Pro bono / プロボノ

I have been thinking long about my third life. The first one is obviously with family and friends. I will never less prioritize the most important things in this world, which is, to me, people around me. I wouldn't ever become happy if my family and close friends are unhappy. The second one is work. I need to earn money in order to support the lives of my family (including two dogs). But, recently quite often times, I get to question to myself, "is that all?" I still remember one of the very first posts in my blog very early days back in more than 10 years ago (unfortunately not in this platform but it was at intranet at my college so it must have disappered by now...sadly). It was about my dream. I wrote, "I will become a billionaire like Bill Gates. And maybe I will like to be featured in a TV show as the most influencial philanthoropist in the world. Then, I would be honored by the Nobel prize." I'd be so embarrased if it was just a blog post on yesterday...but please forgive me more than 10 years ago. But, there is one thing for sure unchanged at least within my head. That is a question about how I would be able to contribute to public, society, community, country, region, and people's happiness. As I would like to answer to my question, I've been even looking into feasibility on running in an election to be a statesman (I would't like to be called as a 'politician'). I am not very interested in state politics however. I'd be rather attracted by local one. But, frankly speaking, the politics especially in developed countries does not seem to be solving issues around people's happiness unfortunately, because the fiscal deficit is so huge that the politicians' focus need to be there, the numbers. It unfortunately forces politicians to step aside before they come to think about intangible values, like happiness. That is not what I want to do. Meanwhile, I recently had a great introduction to a certain nonprofit, for which I just started working on a pro bono basis. It's been a few months since I showed interests in a job there. I haven't been able to speak about it to a larger group because I shied away from doing so before I made some committment. But now, I am getting comfortable with talking about it. So going forward, I would like to share some activities about my third life with the readers of this blog. I have been so far enjoying it very much. This is something that I wanted to do. 長いこと、自分の第三の人生について考えていました。一番目の人生は、それは勿論、家族と友達と共にあります。決して、この世で一番大切だと思っていることを軽んじることはしません。自分の場合は、それは私の周りの人達です。家族や大切な友達の幸せなくして自分の幸せはありえません。そして二番目は仕事です。私の家族(二匹の犬を含む)の生活を支えるためにお金を稼がなければなりません。でも最近はしばしば自分自身に問うことがあります。「それだけ?」 もはや10年以上も前のものですが、当時書き始めていたブログの最初の頃の投稿の一つを今でも覚えています。(残念ながら大学のイントラネット上にあったもので、もはや消えてしまっているかと思います。)それは、私の夢に関する投稿でした。当時、こう書いています。「夢はビル・ゲイツのような億万長者になること。それで多分、世界で一番影響のある慈善事業家としてテレビなどで特集されてしまうこと。それで多分ノーベル賞とかもらうんだろうなぁ。」まぁこれが、最近書いた記事であれば恥ずかしい以外何ものでもないですが、まぁ10年以上も前ということで許してやって下さい。。。 しかし、これは確実に、少なくとも自分の頭の中では常に変わっていないものがあります。それは「どうしたら自分は社会に、公共に、地域に、国に、そして人々の幸せ(の向上)に貢献出来るのだろうか?」という質問です。その質問に答えたくて、実際善良な政治家になれるかどうかを考えたこともありました。でも、あまり国政には興味を持てず、地方行政のほうが魅力的だったのですが、ただ率直に言って、先進国の政治家には、人々の幸せに関する問題に答えられるような気がしないのです。なぜなら巨額の財政赤字を抱えすぎて、政治家としてはその数字の問題にフォーカスせざるを得ないわけです。そうなると残念ながら、人々の幸せとか無形なものを考えるよりも先に、政治家は脇道へそれなければいけなくなってしまうわけです。それは自分がやりたいことではない。 そんな中で、とあるNPOと素晴らしい出会いを最近しました。そしてプロボノとしてそのNPOのお手伝いを始めました。実際そこでのお手伝いに興味を示してからは数ヶ月経っているのですが、あまり大っぴらにそのことは話せませんでした。というのも、コミットメントをする前に、話すことは避けたいと思っていたからです。でも今、だんだん話す準備も出来てまいりました。なのでこれからは、自分の第三の人生のことを、このブログをお読み頂いている方に、シェアしていければと考えています。 今のところとても楽しく関わらせて頂いております。これが自分のやりたかったことです。

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。