10.31.2008

80点

久々に休みを取った。金曜日。有給が余りまくってしまって年末までに消化しなきゃいけないのと、少し仕事が落ち着いて休みが取れそうなのと、普通に疲れちゃったのと、11月から新しい上司が着任するのと、色々な理由があって、とりあえず休もうと思った。久々にゆっくりとする予定。

今日(というより日付的には昨日)、今年の査定前の自己評価に関して上司と話し合いを持つセッションを持った。「自分自身の今年の点数は?」と聞かれたのが一番困った。というのも基本的に自分の中では、それっていつ何時聞かれても80点だから。多分今までの人生の中で満額100点回答も、逆に80点を著しく下回ったこともない。常にペースは80点。

80点であるには理由がある。まず100点を取ってしまうとそれ以上を目指すことが出来ないという点。また、80点から100点に持っていく労力は、0点から80点までの労力と比べても、遥かに大変であり、そこに時間を費やすくらいなら、80点で甘んじて、より幅広い、というよりか次のステップのテストを受けに行こうと、自分は思うタイプ。また、必ずしも100点を取ることが良いことではないこともあり得る。つまり環境が刻一刻と変わっていく中、もはや当初作られた問題に100点という回答を求めたところで、当初とは全然前提が異なってきてしまっていることなんかはザラにある。そういう時は100点を取るのはむしろ回り道である。

なんていうのは実はちょっと言い訳だったりすることもあるので、この詰めの甘さが自分自身の弱みであることは十分認識しているんだけれども、多分これはもう考え方の問題。100点を取るために伸び切ってしまうよりも、余力たっぷりのまま元気よく80点を取り続けたい、と思います。

まぁただ自分には甘いからな。。。他人にも甘いけれども。きっと来年以降、より一回り大きくなるためには、ある程度自分に強制力を持つ形で少しずつストレッチしていかないといけないんだわな。頑張ります。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。