8.31.2007

銀座デビュー

うちの会社で日本人として初めてパートナーとなった方に、とあるビジネス上の成功を祝う食事会に連れて行ってもらった。フレンチ。高級ワインが次々と空く。詳しくはないが、うまいワインは飲んでも酔わないというか酔うのだけれども悪酔いしない。

二軒目はパートナー行きつけ(?)の会員制クラブへ。閉店までウイスキーで飲み明かす。生ピアノの伴奏で歌を歌わされた。Elton Johnとサザンオールスターズ。変な組み合わせ。

気が付いたら銀座デビューだった。いわゆる「クラブ」。語尾を上げていうクラブや、(キャバレー)クラブ(キャバクラはもう随分前に卒業・・・)は何度となく、というか行き過ぎ、というくらい行ったが、こういう一見では入れない銀座のクラブなんて敷居が高すぎて・・・今まで一度も経験できずだった。

ママは銀座でもう40年やってるそうだ。独立してからは30年。すごいです。。。俺が生まれる前からやってるクラブなのだから。

帰りの車の中で、上司とそのパートナーの懐の深さについて話した。いわゆるWASPが支配する会社でcoloredである日本人としてパートナーになった、という意味は想像以上に深いものだ。もう結構な御歳(うちの父親より上)だが、可能な限り色々吸収したい。そのパワーの源を。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。