9.30.2008

抑圧からの解放

この週末に友人の結婚式を通じて(飲んだくれて)色々な人と話をしていて、今自分が置かれている環境を今日になって(酒浸りからのリハビリのために事前に有給休暇申請済み)改めて一人になってから見つめ直した時に、少しブルーになった。ちょうどそこに妻が帰って来てくれて話を聞いてくれて助かった。彼女は自分の良き理解者。

ということで自分自身の分析+彼女のコメントによると、どうやら俺は見えない自分自身の内からの力によって抑圧されていそう。「根っからの楽観主義者で、外向的で、仕事にもマジメで、褒められる旦那であり、良き父親であり」たい、と思っている自分自身が苦しめているところがあるのかもしれない。楽観主義者であるには違いないけれども、たまには悲観的になることもある。悲観的になりたいのに楽観的であることを期待されていて苦しむ自分。外向的で人が大好きだけれども、嫌いなヤツもいるし、人としゃべりたくない時もある。

結婚式の四次会でもあった友人からのコメント。俺は「手堅い」らしい。つまり大はずれも大当たりもせず、まぁそこら辺の安心感ってのが良いのかもしれないけれども、見方によっちゃあんまり面白くはない。でも自分は本当は色々と面白くありたい。たまには無茶もしたい、と考えている。

自分自身の人生は、非常に恵まれているし、周りの奴らも本当に良いヤツが多くて、こいつらと一生付き合っていこうと思う仲間が何人もいて、仕事も方向転換を図った事が幸いして今のところうまく行っているし、この世で一番大切な自分の家庭を持つ事も出来た。この上何を望んだら良いんだろう?これ以上を望んだらバチが当たる。と思っていたのかもしれない。

タガを外しちゃいかん、とは思っているけれど、抑圧はよろしくないな。もうちょっと考えよう。来月にはとうとう20代最後の歳に突入するわけで。30歳を前にもう一度自分の在り方を考える年にしたいと思います。

ということを、妻が寝た後こっそりと大好きなウィスキーを久々に引っ張りだしてチビっとだけ飲みながら書いてみました。

0 件のコメント:

自己紹介

自分の写真
東京都, Japan
自分で言うのも何だが、比較的周囲の人達に恵まれてきた。充実した学生生活を送り、独身生活を経て、エキサイティングな結婚生活とパパ業を営みながら、スーパーサラリーマンを目指している。 ただし、本当はサラリーマンでなければもっと良いと思っている(起業家とか。)でも兼業は可能なはず、だし、出来るならリスク調整後リターンを最大にしたいと考えているため、サラリーマンの特権を活かすことができたら、とも考えている。